teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/134 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

[

 投稿者:管理人  投稿日:2010年 1月21日(木)21時46分11秒
  通報
  下記のとおり、人間文化研究機構(NIHU)・
現代中国地域研究拠点連携プログラム
国際シンポジウム「環境問題:中国の未来可能性」を開催いたします。

地球環境問題は中国を抜きに語ることはできません。
地球温暖化と中国とのかかわりが注目される一方で、
中国自身による環境保全に向けた努力が広まっていることは意外に知られていま
せん。

今回のシンポジウムでは、食料問題やエネルギー問題研究の第一人者で、
中国環境問題研究の先駆者、バーツラフ・スミル(Vaclav Smil)氏に
よる基調講演のほか、環境史から環境社会学までさまざまな分野から
中国の環境問題の実態を報告、今後の展望を試みます。奮ってご参加ください。


NIHU現代中国地域研究拠点連携プログラム
第3回国際シンポジウム「環境問題:中国の未来可能性」

日時:2010年1月30日(土)-1月31日(日)
場所:京都大学百周年時計台記念館ホール
【交通アクセス・キャンパス案内】
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm

主催:人間文化研究機構 現代中国地域研究拠点連携プログラム
共催:京都大学人文科学研究所、総合地球環境学研究所
言語:日本語、英語、中国語(日英中同時通訳あり)
※入場無料
参加をご希望の方は氏名、連絡先を明記のうえ
rihn-china@chikyu.ac.jpに1月27日(水)までにお申し込み
ください。定員に達しない場合、当日参加も受け付けます。

プログラム
1月30日(土)
司会:石川禎浩(京都大学)
13:30-14:00
開会挨拶      平野健一郎(人間文化研究機構地域研究推進センター長)
                   立本成文(総合地球環境学研究所所長)
14:00-15:00
基調講演      バーツラフ・スミル(カナダ・マニトバ大学)
       China’s environment: domestic concerns, global impacts
15:20-17:50
第1セッション  中国環境問題の基底-過去と現在
司会者:久保 亨(信州大学/東洋文庫)
報告者:上田 信(立教大学)
               「封禁山史略-『商業の時代』から『産業の時代』」
            楊 偉兵(復旦大学)
               「社会史の視野からみた西南中国の環境-近300年の土地利用を
中心に」
            中尾正義(人間文化研究機構)
               「オアシス地域の歴史と環境」
討論者:飯島 渉(青山学院大学)
           佐藤洋一郎(総合地球環境学研究所)
18:30-
交流会 京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールⅠ

1月31日(日)
9:30-12:00
第2セッション 21世紀の中国経済と環境問題
司会者:加島 潤(東京大学)
報告者:王 京濱(大阪産業大学)
            「中国の重工業発展と環境・構造問題」
            田島俊雄(東京大学)
            「中国の農産物需給とバイオエタノール問題」
           丸川知雄(東京大学)
            「世界をリードする中国の太陽電池産業と日本の課題」
討論者:塩地 洋(京都大学)
           大西 広(京都大学)
12:00-13:00  昼食
13:00-15:30
第3セッション  環境問題の政治社会学
司会者:唐 亮(早稲田大学)
報告者:張 玉林(南京大学)
            「環境紛争:暴力の再生産と被害の連鎖―華北農村の事例を中心に」
           大塚健司(アジア経済研究所)
            「中国の環境政策とローカル・ガバナンス―地方主義、監督検査、
環境民主―」
           王 名(清華大学)・藍(清華大学)
      「チャレンジアンドチャンス気候変化に対応する中国NGOの行動」
討論者:加茂具樹(慶應義塾大学)
     児玉香菜子(千葉大学)
15:50-17:50 自由討論
司会:毛里和子(早稲田大学)
討論者:バーツラフ・スミル(カナダ・マニトバ大学)
     中尾 正義(人間文化研究機構)
     田島 俊雄(東京大学)
     王 名(清華大学)
閉会挨拶   現代中国地域研究拠点連携プログラム座長 山田辰雄

詳しくは中国環境問題研究拠点ホームページをご覧ください。
http://www.chikyu.ac.jp/rihn-china/
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/134 《前のページ | 次のページ》
/134