teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ご無沙汰してます

 投稿者:ハムハムメール  投稿日:2002年 9月15日(日)21時20分43秒
  お久しぶりです。元R小6年2組&4年2組のハムハムです。
先生、ほんとに本当にお久しぶりです。
半年ほど前、So-netを解約してKATCHに変えました。
それでつい最近、KATCHでホームページを開設しました。
お手数ですがリンクの変更をお願いします。

ついに受験生になってしまいました。進路をどうしようか迷っています。
周りがみんな勉強モードに入ってきたみたいで焦り気味です。だけど結構暇です。
あとそのうちパソコン検定を受けようと思っています。

先生、なんかメルマガ作ったり規模が大きくなっていろいろ大変そうですね。
学校も変わって担任を持たなくなったみたいでなんか寂しい気がします。残念です。

http://www.katch.ne.jp/~hy-muto/

 
 

教育における地図活用セミナー

 投稿者:教育メール  投稿日:2002年 8月26日(月)21時54分5秒
  「地図」を情報教育や歴史、環境学習などで活用したら・・・。
どんな授業をイメージされますか?
従来の紙地図とデジタル地図は、巨大なデータベース!!!
参加無料なので、ぜひぜひお出かけください。
お待ちしております!!

◆◆◆第1回 教育における地図活用セミナー 総合的学習における地図利用◆◆◆
「児童・生徒の学習意欲を高める!」これからの地図教育・GIS活用

日  時   平成14年8月27日(火) 10:00~17:00 
参加費用   無 料
場  所   日本大学文理学部百周年記念館
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/index-con/info_f4.html        

スケジュール
9:30~    受付開始
10:00~10:10 開会挨拶
10:10~11:00 講演①「教育情報ナショナルセンターサイトと地図情報」
清水康敬・国立教育政策研究所教育研究情報センター長

11:00~11:40 講演②「身近な地域の地図を「読む」という努力」
  卜部勝彦・文部科学省初等中等教育局

11:40~13:00 昼食・休憩(展示ブース・講演会場で情報交換をお楽しみ下さい)

13:00~13:40 環境学習 実践報告① 仙台市教育委員会 長島康雄先生
        「星空調査・街頭調査から仙台の環境が見えてくる」

13:40~14:20 地理学習 実践報告② 慶應義塾普通部  太田 弘先生
        「デジタルとアナログ地図が作る新しい地理の授業」

14:20~14:40 休憩
14:40~15:20 情報教育 実践報告③ 立命館慶祥中・高等学校 伊藤智章先生
        「デジタル地形図を活用した地図学習の到達点と課題について
          ―中学1年・高校2年での実践から―」

15:20~16:00 国際理解 実践報告④ 細江町立細江中学校 山田達夫先生
         「アメリカの中学校におけるGISの活用」

主  催  財団法人日本地図センター
企画運営  教育家庭新聞社
後  援  国土交通省国土地理院 (財)コンピュータ教育開発センター
(社)日本教育工学振興会 日本大学文理学部 全国中学校社会科教育研究会
全国中学校理科教育研究会 地理情報システム学会 日本国際地図学会
定  員   500人
参加申込  当日、受付にお申し出ください。
・問い合わせ 教育家庭新聞社

http://www.kknews.co.jp/

 

閉鎖しました

 投稿者:みーメール  投稿日:2002年 8月 2日(金)23時36分40秒
  先生、お久しぶりです。
私のHP、CHAOSWORLDを閉鎖しました。
今までありがとうございました。

リンクの削除をおねがいします。
 

「自由研究の広場」を開設しました

 投稿者:勇気凛々メール  投稿日:2002年 2月18日(月)18時06分22秒
  小中学校の自由研究発表サイト「自由研究の広場」を
開設いたしました。
インターネットを使った学習成果の発表により、学習
意欲の向上の一助にもなればと思っています。
子供たちの学習意欲の向上に、今後の学習のヒントに
是非、素晴らしい成果をお寄せ下さい。
成果を通したメッセージの交換も可能です。
もちろん無料です。
よろしくお願い致します。
http://www.lifestamp.com/kenkyu/
 

お久しぶりです。

 投稿者:矢西小6年3組25番メール  投稿日:2001年12月 2日(日)23時05分37秒
  だいぶ前にメルマガのメールを貰ってそのままになってました。
11月はネットがつなげなかったんですが、12月から24時間やり放題になったので
来てみました。私が誰だか わかるんですかねぇ、こんな名前で(笑)
自分のサイトに最近の写真もアップしてあるんで 見てくださいな。変わってないはずです(笑)
今小学校はペンキ塗り替えなのか 工事中です。ぼろかったですからねー。台風で雨漏りしてたし。
今妹が受験生で付きっきりで家庭教師やってます。教えるのって難しいですね。でも理解されると
おもしろいなぁと思います。来年は教育実習です。高校でやることになりました。
今教職の授業で 指導案を書いたり、授業法を習ってるんですが難しい!! 
ゼミは更級日記をやってるんですが、宮地山が出てきて「懐かしいなぁ」と思いました。
最初で最後の山登りでしたから(笑)  また来ます♪

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Live/2633

 

ある教師さんへ

 投稿者:設置者メール  投稿日:2001年11月25日(日)17時16分5秒
   私は「教科書」に関してある雑誌に書いたことがあります。
 詳細はこのHPの「資料コーナー」にあります。ごらんください。
 
 子どもが変われば家庭も変わります。子どもが学校で生き生きと明るい顔で生活できれば,きっと家庭も変わります。その子にとって暗い学校生活では,家庭に帰っても同じでしょう。
 そのためには学習と生活と二つの面から子どもをとらえる必要があります。そのどちらも伸ばしてやることを考えるべきです。基礎・基本は学力面と生活面の2つの側面があると思います。
 

教科書で教える?教科書を教える?

 投稿者:ある教師  投稿日:2001年11月22日(木)23時47分44秒
  あて、あなたはどちらですか?
そう、問われて自問自答。
教科書はバイブルです。
でも、その教科書に頼り切っていれば、
バイブルを過信するあまり、目の前の子供よ優劣評価しかしなくなる

子供にとって、本当に何が大切か・・・

今、立ち止まって考えています。

答えは出ていませんが・・・
子どもが社会に出て、本当に必要な力とは何なんでしょうね?
学力も確かに大事。
でも、人間としての基礎基本って
ほんとうに学力でしょうか?

謝り方すら知らない、現代の子どもたち
感謝するという気持ちも、道徳の指導書のように
知識としてしか理解しない子どもたちに
「どうあるべきか」を教えるなんて、とっても難しい。

親の・家庭の・望む教育とはどんな形なのでしょうね?
そして、子どもの学びたい気持ちは、どの方向に向いているのでしょうね?

あと、学校であるべき姿を教えても、育てているのは家庭です。
家庭でもとの黙阿弥状態に戻る子どもたち。
あるべき姿が、本当か否かもわからなくなりそうです。

家庭の指導は誰がするのでしょうね?

難しすぎて、今、立ち止まり、前を向いてため息をついています。
 

やる気

 投稿者:設置者メール  投稿日:2001年11月16日(金)21時06分40秒
   私は公立学校しか経験がないため,私立学校の様子はよくわかりません。しかし,どんな立場の教師であっても子どもの成長を願うという点では同じだと思います。お子さんの担任もそうであると信じたいです。現状を話してみてください。そして今後こういう方法で取り組んでみたいから,学校での様子をお知らせください,私も家庭での様子をお知らせします。と話されてはいかがでしょうか。
 勉強に関しては,「知識・理解」だけに目を奪われてわが子を評価するのはよくないと思います。つまり,「わかっていない」という評価です。親から「この子はわかっていない」と評価されると,とたんに子どもは意欲をなくします。大事なのは「意欲」です。「やる気」です。
 それが前に言った「ほめること」です。ほめることから意欲は生まれます。どういうときにやる気が出てくると思いますか。それは「ほめられたとき」です。「うれしいとき」です。「いい気分になったとき」なのです。一旦やる気に目覚めたらすごいですよ,子どもって。
 

ありがとうございます

 投稿者:  投稿日:2001年11月16日(金)07時07分32秒
  しかるのをやめるというのは一番大変なことです。一言で「忍耐」ですね。ほめることはたくさんしています。でもそれ以上に細々していることで目に付くので怒ってしまいます。一人っ子なので目が行き届きすぎるのかもしれないです。先生にはどのようにお伝えしたらいいのでしょう。私学の学校なので期末テストそろそろはじまります。それによって中学の内部進学に影響が出てきます。なんだか私にとってプレッシャーになっています。どんな勉強方法が効率よくできるのでしょうか。他の方は、「中ぐらいの成績をとっていれば中学に上がるのは大丈夫」と言いますが、その中くらいも先生から見てもとれていないと思います。勉強方法が悪いのであればすぐにでも変えたいです。まだ小学2年生なのに。正直かわいそうなときもありますが。。。頑張ってもらいたいです。中くらいになれるくらいまでは。  

母さんへ

 投稿者:設置者メール  投稿日:2001年11月14日(水)21時17分44秒
   私もかつてよく似た子どもを担任したことがあります。その時まず保護者(母親)に話したことは「しかるのはやめてください」でした。
 そして私は学校生活の中で,できるだけその子のよい点を見つけ,ほめました。簡単に言うと,いい気分にさせました。ほめられていい気がしないわけがありません。そのことを連絡帳に書いて保護者にも知らせました。家庭でもほめてもらったのです。
 家庭でも同じようにしていただきました。そして,家庭でのよい点を連絡帳で私にも知らせてもらいました。私もほめました。その子は次第に活気が出てきました。
 今のお子さんは母さんの言葉など「聞く耳持たぬ」でしょう。自分のことなんて,ちっともわかってくれていないと思っているでしょう。
 方向性を変えなければなりません。それにはやはり学校と家庭との連携が大切です。
 

レンタル掲示板
/10