teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


1978さんへ

 投稿者:設置者  投稿日:2007年 8月23日(木)21時33分25秒
  たいへん失礼しました。
HPの更新をずっとできないでいたため,拝読するのが遅くなってしまいました。
う~ん,P書店ってパピ書店でしょうか。
現在38歳ってことは,5・6年で担任したんですね。
よろしければプライベートメールいただけませんか?
 b747-400@kha.biglobe.ne.jp
 
 

おじゃまします

 投稿者:1978  投稿日:2007年 7月19日(木)02時06分20秒
  グーグルってすごいなーと思いながら懐かしい人達の名前をとりとめ無く検索していたら先生のページにたどり着きました。人違いではなければよいのですが、とても懐かしく、お元気そうで嬉しく思います。先生の鉄棒大車輪を何故か見れなかったのが今でも心残りです。山はお好きだったんですね、プライベートの電車の中からたぶん山へ向かわれる途中の先生とK先生に会った事を思い出しました。大人になってからはT市のP書店で1度お会いしました。そして書いたらまずいことなのかもしれませんが、相変わらず空気を読めない性分なので続けさせていただきますが、何より忘れられないのは、やんちゃな私に1m定規で尻をひっぱたかれたことでした。今では有り得ない事なのでしょうが当時の先生達はそれぞれ個性的で特徴有る叱り方があったなあと思い出されます。
P書店でお会いした時はなんとなく覚えていると言っていただけましたが、今回はざっと30年前の教え子を文だけでは全くちんぷんかんぷんでしょうね。  子育てに若干の不安を覚える38歳の1児の父でした。時間が時間ですので乱文で失礼致しました。
 

LD親の会「けやき」7月例会

 投稿者:けやきメール  投稿日:2007年 6月20日(水)00時40分2秒
  各位様

LD(学習障害)親の会「けやき」と申します。

突然のお知らせで失礼致します。今回下記のような講演会を企画致しました。
貴ホームページ、掲示板、メールニュース等でご紹介頂けますと幸いです。
文意を損なわない範囲で、適宜編集をして頂いてもかまいません。

以上、よろしくお願い申しあげます。

------------------------------------------------------------------------
■ LD親の会「けやき」7月例会のご案内/こまばエミナース 2007/07/28 ■
■ 東京都の特別支援教育 講師:東京都教育庁指導部太田裕子主任指導主事 ■
------------------------------------------------------------------------

 以下転載・転送自由です。

http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/HTML/KEYAKI/NEWS.html#070728

※ 講演会へは会員以外の方も参加できます。講演会は13:30から開会します。
※ 新規入会ご希望の方、会員更新手続きの方は13:00までにご来場下さい。

この4月から本格始動した特別支援教育では、現場の学校やお子さんの周辺では
実際にどのような動きがあったのでしょうか。まだ始まったばかりですが、最初
が肝心ということもあります。個々のニーズにあった教育や指導を通じて必要な
支援を受けるために、学校の先生あるいは親としての、子どもとの係わり方を学
ぶ機会にしたいと思います。

日 時 2007年7月28日(土)13:30~16:30 (受付開始13:00~)

演 題 東京都の特別支援教育
     ~ 一学期が経過した時点での反響や実績など ~

講 師 太田 裕子 先生
     東京都教育庁指導部 主任指導主事 特別支援教育担当

場 所 こまばエミナース 2F 「富士」
    http://www.komaba-eminence.com/new/location/

交 通 京王井の頭線「駒場東大前」駅西口から徒歩5分)

  13:00~13:30 受付・諸連絡・報告(各部会・担当役員)
  13:30~16:20 講演会(途中休憩10分および質疑応答含む)
  16:20~16:30 閉会・後片付け

資料代 1,000円 (けやき会員は無料)

※ 13:00~13:30 会員外の方対象の「相談会」を同会場で開催します。

※ 会員外の方は事前申し込みをお願いします。
  お名前・お立場・連絡先明記で下記まで。
  電子メール keyaki@box.club.ne.jp FAX 020-4666-7443

※ 閉会後、懇親会を予定しております。詳細は当日ご案内いたします。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 LD(学習障害)親の会「けやき」広報担当
 keyaki@box.club.ne.jp
 http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/
 メールマガジン「LDニュース」
 http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/LDNS.html
 会員登録制の「LDフォーラム」
 http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/LD-FRM/
 LD・発達障害等関連図書
 http://www.ne.jp/asahi/hp/keyaki/books/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
 

はるさん

 投稿者:設置者  投稿日:2006年12月10日(日)13時35分50秒
  この件につきましては,直接メールで回答いたしました。  

小学校の先生について

 投稿者:はる  投稿日:2006年12月 8日(金)16時56分33秒
  はじめまして。私は今高校3年生で、将来小学校の先生になりたいと思っています。なので大学は教育系に行こうと思っています。そこで相談なのですが、やはり愛知県で先生になろうと思ったら「愛知教育大学」出身でなければ難しいのでしょうか。私は某私立大学に行こうと思っています。しかし最近高校の先生から「派閥があるから、愛知教育大学でないと大変だよ」と言われました。本当に派閥やいじめなどがあるんですか?教えてください。お願いします。  

仲間づくり

 投稿者:設置者  投稿日:2006年 6月 3日(土)11時03分50秒
   仲間づくりとともに,考えるべきは「自分づくり」ではないでしょうか。
 自分という一人の人格を客観的に見ることができる,という力。
 自分の価値がきちんとわかること。
 他と関わりの中で,さらに自分を磨く。
 そのような場や時間をを学校教育の中でも,家庭や地域の活動の中でも
つくっていく必要があると思います。
 

仲間作り

 投稿者:ゆう  投稿日:2006年 5月11日(木)14時34分58秒
  仲間作りの方法として子供が考える事。
力ずく 仲間外れ
仲良く出来ない子に対して 子供が思いつく事。
陰口 暴言
これらは レフリーの居ない大人社会でも良くあることで
それゆえに 知性を磨いて色んな方向での考え方
ストレスの発散方法を考えられる大人になる必要がある。
まだ それが身についていない子供たちに
教えていくのが 大人や教師だと思う。
家庭内で 陰口 暴力をしない事も大切だし
好きな事を 思いっきりする時間や場所を作って上げるのも
別に 外で元気に遊ばなくっても良いじゃない
その子らしい楽しみを見つけてもらえたら・・・
教師は レフリーとして上手に子供たちが問題解決できるよう
同じく 時間をつくってもらいたい
話し合いの仕方も教えないと出来ないものだから
また 家族で話し合う時間も作っていけたらなーっと思う。
そういう提案を学校側も保護者ヘ向けて発信して行って欲しい(^^)
 

教育問題に関わる本のご紹介

 投稿者:塩貝文明メール  投稿日:2005年10月28日(金)21時29分57秒
  学校の裏側は、学校の校門の外と一緒です。「学校なのだから」と理想を抱きがちですが、同じ人間です。やることに変わりありません。しかし、真剣に理想を追い求めて 仕事に打ち込む人たちが、少なからず存在することも事実です。外部から土足で踏み込んでくる人間もいます。本来、教育を維持・補佐する立場でありながら、全く機能していない役所もありますから、品質の維持・向上は極めて困難。我子の成績に注文・圧力を掛ける管理職もいます。 立場を利用してシステムを腐敗させる管理職がいます。それが学校・教職員を評価する・・恐ろしい話しです。誰におもねること無く子供たちを見詰められるから、教師は人間の理想を語れるのです。
学校の不思議なところ・わからないところを、本にしました。

   『背に香る若草たち』『気がつけば裸の王様』
よろしかったらホームページも覗いてみてください。http://www.arkworld.co.jp/obnotaka/

http://www.arkworld.co.jp/obnotaka/

 

指導と評価の一体化

 投稿者:設置者  投稿日:2005年 2月22日(火)20時56分59秒
   私の勤務校では,どの子にも学力をつけることをねらい,「指導と評価の一体化」に力
を入れています。これを進めて行くにつれて,思うようになってきたことがあります。
 それは「目標」にもっとこだわりをもつ必要がある,ということです。つまり「目標あ
っての評価」という,目標のもつ重要性に今さらながら気づかされたのです。そんなこと
当たり前,と言われそうですが,あらためてこだわりを持っていただきたいのです。
 そこで,目標設定にあたって,指導要領の該当箇所,教科書の指導書に書かれている目
標,そして自校の評価規準を熟読,玩味することにしました。指導書に書かれている目標
(言わば「与えられた目標」)をそのまま流用するのではなく,学校や児童の実態などを
勘案して目標を自校化するという作業です。これには児童のレディネス調査が重要な意味
を持ってきます。
 この作業では,観点別に目標を可能な限り子どもの姿で見える形に具体化させます。目
標が具体的であればあるほど評価もしやすいというわけです。そして,次にこれを時系列
で並べ替えます。時系列で配列しておけば毎時間の評価も簡単,という考え方です。
 目標を分析したものを「目標分析表」,時系列で並べたものを「単元のマトリックス」
と呼んでいます。そして「マトリックス表」をもとに,「学習・評価計画表」を作成しま
す。この表には「未到達が予想される児童への支援計画」という欄があります。レディネ
ス調査から未到達が予想される児童への指導を頭に置いて授業に取り組むわけです。もう
一つ「毎時間の評価」と「次時への授業改善」という欄もあります。マトリックス表に示
された目標にしたがって,毎時間の評価をし,次への改善を考えていくのです。
 これに並行して,自己評価活動も重視しています。目標分析しておけば,いつ,どの場
で,なにを評価すべきが明らかになります。これがそのまま子どもたち自身の自己評価の
視点,学習のめあてになるのです。児童は毎時間の学習のめあてが記載された「自己評価
表」を持っており,それにより学習の見通しを立て,毎時間の自己評価をします。
 以上が勤務校の「指導と評価の一体化」の取り組みです。しかし,実際に取り組んでみ
ると「目標分析表」から「マトリックス表」,「学習・評価計画表」の作成まで,非常に
時間と労力がかかりたいへんです。また,授業の流れの中で,毎時間の評価の具体的な手
だてをどうするか,少人数指導はどう生かしていくか,習熟度別指導はどう機能させてい
くか,など,問題が山積しています。今後,これらの問題点を一つ一つ実践をとおして解
決していく取り組みを進めていきたいと考えています。
 

すみません

 投稿者:べーやん  投稿日:2004年 9月29日(水)01時27分5秒
  うちINのメールはほとんど使わないので解約してしまったんです。というか送ってみたら送信できませんでした。
前回の発言を撤回させてもらうと、今はっきりと心理カウンセラーになりたいと思っているいうわけではありません。ただ興味があるのです。だから先生のその知り合いが大学生なら、心理学科の講義の内容、臨床実験の種類・内容などを教えてもらえませんでしょうか。ぜひお願いします。
 

レンタル掲示板
/10