teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:50/95 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

母さんへ

 投稿者:設置者メール  投稿日:2001年11月14日(水)21時17分44秒
  通報
   私もかつてよく似た子どもを担任したことがあります。その時まず保護者(母親)に話したことは「しかるのはやめてください」でした。
 そして私は学校生活の中で,できるだけその子のよい点を見つけ,ほめました。簡単に言うと,いい気分にさせました。ほめられていい気がしないわけがありません。そのことを連絡帳に書いて保護者にも知らせました。家庭でもほめてもらったのです。
 家庭でも同じようにしていただきました。そして,家庭でのよい点を連絡帳で私にも知らせてもらいました。私もほめました。その子は次第に活気が出てきました。
 今のお子さんは母さんの言葉など「聞く耳持たぬ」でしょう。自分のことなんて,ちっともわかってくれていないと思っているでしょう。
 方向性を変えなければなりません。それにはやはり学校と家庭との連携が大切です。
 
 
》記事一覧表示

新着順:50/95 《前のページ | 次のページ》
/95