teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:42/1535 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

明神山2/3

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月 4日(木)16時25分16秒
  通報
  朝起きると予報はオール晴マーク。勇んで家を出たものの5分位で右手の吉祥山は晴、左手の本宮山が雲に隠れ始めた。
石巻を通過する時には白いものが舞いだした。新城を抜ける時には陽はなくなり行く手は雪に包まれた。
来週から二週は湖畔からは登れなくなるので砥沢に進入した。

薄暗いので展望のいい北西尾根はやめて欅沢に入った。
沢の水量は多いが最初の滝は既に水流が減っていたので直接滝横を登った。少し登ってルートから外れて沢に降りた。?
冬場に水のある沢を登るのは初めて。水量があるのでハナから氷瀑や氷柱は期待していない。本来の沢登りの滝鑑賞となった。
どの滝も十分流れがあるものの流れに沿って登ることができた。?突き当たりは案の定激しく音を響かせて水が落ちていた。
例年なら氷瀑、氷柱と積雪に感激するのだが、これはこれで満足するしかない。

例年通り滝横斜面を攀じ登る。更にトラバースを使わずに直登で登り切ると毎年不思議と同じテープの前に出る。
?暗い沢筋からやっと出た尾根上は霰のような雪が降り風が強く冷たい。予備でザックに入れたシェルジャケットで寒さ対策。
H800mからは冠雪。?山頂、マイナス6度。遠景がヤヤ雲がかかっていた。富士山がやっと白くなった。
?山頂下の陽だまりでI藤さんM下夫妻と今年最初の挨拶。
食事をしている間に南ア方面の雲がとれてきたので帰り際に写真を取り直してから下山。
4人で下山。指先がかじかみ痛むので今回も早々に栃ノ木沢へと逃げ込んだ。
途中、前回の栃ノ木沢の滝鑑賞と、1/13の栃ノ木沢の大滝上の落ち口の沢を鑑賞して下山。
どちらも水流の音が聞こえるようでは氷瀑などありえない。素直に滝の鑑賞となった。
下山後は砥沢まで送ってもらった。

写真1 氷瀑も氷柱も冠雪もない大滝
写真2 1/13の栃ノ木沢大滝落ち口に流れる沢
 
 
》記事一覧表示

新着順:42/1535 《前のページ | 次のページ》
/1535