teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


吉祥山2/28

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月28日(日)13時33分28秒
  いつも通りに仕事前に一汗とはいかなかった。
空気が冷たかったので汗がでなかった。帰りに少々滴った。12人と新しい一匹。
霞んでいても明神山のあたりまでは見えている。
バイクはフル装備のおかげか風がなかったおかげか冷たさは感じなかった。
 
 

明神山2/24

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月25日(木)11時19分3秒
  7年前の1月の快晴時、山頂でたまたま常連だけが集まったのでI泉さんと天狗岩に行った。
取り付きは分かっているけど最近ではその目印もなくなりその先がどうなっているかは不明だった。

24日は快晴。天狗岩に回るため早出して栃ノ木沢に。今年はまだ直登尾根を登っていないため迷うことなく直登尾根に取付いた。
途中で天狗岩の位置を確認しているとM屋さんが追いついてきたので以後一緒に山頂に。空気は冷たく丁度良い汗の滴り具合だった。西峰からは南ア、中ア、恵那山、白山まで見えた。
山頂マイナス3度。富士山は雲の中。

天狗岩を探すので時間がかかるかもしれないので早々に山頂を後にした。
主稜上は風はないので空気が冷たく指先が痛くなったため止まることなく西峰を後にした。
P706コルに向かう途中でM井さんと今年最初の出会い。情報を教えてもらい別れた。
小憩後ユックリ慎重に以前の記憶を辿りながらブッシュの中に入り込んだ。
枯れ枝やシダをかき分け倒木をかたづけながら天狗岩にたどり着いた。
岩にポールを突き立てた目印も変わりなかった。風はなく暖かく人の気配はなく静けさの中で食事タイム。

戻りは岩から素直に上方に向かって登りやすい斜面を選んで攀じ登った。取付きの2m程下だった。
栃ノ木沢の駐車場に戻ると既にM井さんの車はなくなりM屋さんはまだユックリしているようだった。
やっとここ数年の胸のつかえがなくなりスッキリした山行となった。

写真は天狗岩上から
 

吉祥山2/21

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月21日(日)11時46分13秒
  仕事前に。温度は上がると言っても朝のバイクは指が痛んだ。行き帰りで単独5人と1匹。
朝は霞んで遠景は展望なし。汗は途中からダクダクでした。
 

明神山2/17

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月18日(木)11時09分13秒
  朝、晴。でも車のウインドウには細かい水滴。
大野から明神山を見ると霞んで見えた。嫌な予感。雪が降っている感じ。
今日は工事の関係で三ツ瀬の往復に決めていた。?本郷手前から細い雪が舞いだした。

登山口手前で支度をしていると寒さが厳しい。
それでも二合目までの登りは汗を流したので主稜上の風に備えて防風衣に着替えた。
梯子が終わったあたりから積雪が始まる。時々陽が差すけど冷たい風で帳消しとなる。
途中で氷柱探勝に回ったが数は増えたけどまだ出来たばかりで木曜日の冷え込みに期待するしかなかった。
初めは汗で濡れた帽子も冷たい強風でこわ張りだしたので毛糸帽子に交換。

山頂マイナス7度。遠景は雲に隠れて残念状態。寒いので山頂下の陽だまりでメール連絡。直ぐに指はかじかんだ。
指も痛みだしたので早々に下山開始。途中12時前から雪も止み遠景がやっと見えるようになった。
四合目からの尾根筋は積雪もなくなり梯子、クサリ場も通過しやすくなった。
車に戻り温まってから軽食とり登山靴を洗ってから帰路に着いた。いっとき明るくなったが下界は曇り状態だった。

写真1 まだ成長過程の小さい氷柱群
写真2 展望台から見下ろした山頂?
写真3 下山途中からの西峰、山頂
 

吉祥山2/14

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月14日(日)09時06分22秒
  陽が出る前に10度。バイクでそのまま向かった。石巻の堤防上で少し吹いただけ。
帰りの途中まで貸し切り、汗はこの時期としてはタップリ溢れた。
帰りに8人と1匹。麓の町でバイクの前をキツネが横切った。
 

明神山乳岩駐車場

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月12日(金)17時31分40秒
  15日~20日までトイレの工事のためトイレに近い区分の駐車ができなくなります。
当然トイレも使用禁止です。
 

明神山2/10

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月11日(木)11時50分18秒
  湖畔道路はトンネル工事で通行止め。久しぶりに乳岩からオレンジ岩、天空の岩経由で南尾根を回ることにした。
乳岩を出る時には肌寒かったがオレンジ岩ルートの沢筋を登る頃には汗が滴りだした。
0 オレンジ岩ルートに入る
1 軽く登って最初の沢を渡る
2 沢に沿って登る
3 沢が分かれるので渡って左の沢(本沢)に沿って登る
4 滑の沢筋に沿って注意して登る
5 小尾根への登りになる(急登)
6 再度沢を横切り(注意)その先を乗り越す
7 沢上部ルンゼを直登する(急登)
8 岩壁が見え出す(尾根越しに青空が見えだす)
9 再度急登をすると前方にオレンジ岩が見える。
10 下部に沿って詰めると直ぐに南尾根に到着
ここまでI藤さんかクライマーさん達か下草刈り、枯れ枝整理をしてくれたのでバリエーションとは思えない歩きやすさだった。後は南尾根歩きを楽しみながら天空分岐から往復して絶景を展望した。昨日は風が強く冷たかった。
ここまでの汗が全部吹っ飛び冷えた身体でP787へと向かった。おかげで体調が軽くなった。

?P787から笹がなくなり明るくなったコルへと降り三ツ瀬ルート分岐までヒト登り。
六合目分岐を過ぎるとやっと人に出逢いだした。
馬ノ背岩では三ツ瀬から登り直登を降り栃ノ木沢を登って帰る途中のS木さんと会った。
山頂マイナス2度。風が少々冷たく感じた。南アは白く輝くも富士山はまた白さが減少した。
山頂を避けて南のテラスで小憩。ポカポカ陽気で食事。
下山は栃ノ木沢ルートで降り、乗越経由で汗だくで下山した。

写真は 乳岩ルート一服の岩からの天空の岩場
 

吉祥山2/7

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月 7日(日)12時51分44秒
  今朝は温度が高かった。日の出前で8度。
最初からシャツで歩きだした。
温度が上昇中なので遠景は霞の中。
行き帰りで9人。車に戻り帽子を絞ると久しぶりに汗が滴った。
 

吉祥山2/6

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月 6日(土)15時15分5秒
  日の出が少しづつ早くなってきた。仕事前に歩きやすくなった。
家を出るときは冷たいけど歩き出せば直ぐに感じなくなる。
20分もすれば汗が流れ出す。行き帰りで5人だけ。

うっかり普段靴できてしまった。一応ウォーキングシューズではあるが余所行き感のある方の靴だ。
街の地面を歩いている時には気づかなかったが、下りの時に膝に刺激がない。
靴底も地面にベタッと着かないので足裏への刺激も少ない。
今更ながらに靴の価値を感じた。値段は大分高いけどそれなりの効果があった。
前回まで10年近く利用していたWM501でなく新しいWM21Cのほうだ。
 

明神山2/3

 投稿者:hnext  投稿日:2021年 2月 4日(木)16時25分16秒
  朝起きると予報はオール晴マーク。勇んで家を出たものの5分位で右手の吉祥山は晴、左手の本宮山が雲に隠れ始めた。
石巻を通過する時には白いものが舞いだした。新城を抜ける時には陽はなくなり行く手は雪に包まれた。
来週から二週は湖畔からは登れなくなるので砥沢に進入した。

薄暗いので展望のいい北西尾根はやめて欅沢に入った。
沢の水量は多いが最初の滝は既に水流が減っていたので直接滝横を登った。少し登ってルートから外れて沢に降りた。?
冬場に水のある沢を登るのは初めて。水量があるのでハナから氷瀑や氷柱は期待していない。本来の沢登りの滝鑑賞となった。
どの滝も十分流れがあるものの流れに沿って登ることができた。?突き当たりは案の定激しく音を響かせて水が落ちていた。
例年なら氷瀑、氷柱と積雪に感激するのだが、これはこれで満足するしかない。

例年通り滝横斜面を攀じ登る。更にトラバースを使わずに直登で登り切ると毎年不思議と同じテープの前に出る。
?暗い沢筋からやっと出た尾根上は霰のような雪が降り風が強く冷たい。予備でザックに入れたシェルジャケットで寒さ対策。
H800mからは冠雪。?山頂、マイナス6度。遠景がヤヤ雲がかかっていた。富士山がやっと白くなった。
?山頂下の陽だまりでI藤さんM下夫妻と今年最初の挨拶。
食事をしている間に南ア方面の雲がとれてきたので帰り際に写真を取り直してから下山。
4人で下山。指先がかじかみ痛むので今回も早々に栃ノ木沢へと逃げ込んだ。
途中、前回の栃ノ木沢の滝鑑賞と、1/13の栃ノ木沢の大滝上の落ち口の沢を鑑賞して下山。
どちらも水流の音が聞こえるようでは氷瀑などありえない。素直に滝の鑑賞となった。
下山後は砥沢まで送ってもらった。

写真1 氷瀑も氷柱も冠雪もない大滝
写真2 1/13の栃ノ木沢大滝落ち口に流れる沢
 

レンタル掲示板
/151