teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月21日(日)09時52分38秒
  豊橋まつり、2日とも珍しく好転、秋晴れ。じっと山積した仕事を片付けている。  
 

(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月17日(水)07時26分18秒
  退院4日目の朝、相変わらずトマトジュース的な血尿が続くので窓から天気を横目に寝ている。  

(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月13日(土)16時22分28秒
  今日午前中退院。明日は祭礼の慰労会があるけど飲食はいいけどアルコールはダメ。
激しい運動もダメ。基準は分からないけど出血したら本格入院だからね、と脅かされた。
車はいいけど原付はダメ。
厚めの本を持って行ったけど読み終え。固いベッドで寝ているため腰が痛み出しつらかった。
あとは結果待ち。
 

(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月11日(木)12時00分9秒
  こんな時間に病室に着いても手持ちぐさ。で、投稿。
着いた時から尿は全て検量器に入れるのが面倒。しかも場所が遠い。
 

明神山10/10

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月11日(木)11時55分56秒
  明日から生検入院なので軽く明神山へ足慣らし。晴れているけど雲は多い。ゼロの日、朝8時前というのに桜淵公園先で上りを狙ったネズミ取り。
栃ノ木沢には珍しくMさんの車。
直登尾根を登る。陽射しは強く風はない。H500mに着く頃には滝のような汗,まだまだ溢れる。
650m岩場でMさん達が休憩中。久しぶりに会ったので暫く話し込んだ。先に行ってもらって少憩。
ここ2回の登山道は落葉で緑の絨毯だったが利用者によって大部片付けられていた。
主稜上にでる頃にはすっかり雲空に変わっていた。山頂19度。絞るほどではないが汗に濡れた身体には冷たい空気。
下山は中道を楽しむ。中道を終え栃ノ木沢ルート岩尾根で一本入れた。人の気配がしたので待っているとMさん達が到着。以後一緒に下山。
帰路、家に直前から雨が本振りになった。
 

(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年10月 8日(月)19時26分23秒
  やっと祭礼が完了した。後は会計の支払いを残すのみとなった。一番ネック。
直前の3日に明神山に行っているけど、次の日から祭礼に突入してしまい仕事も何もかも今さっきから順次やり始めた。
ちなみに動画は本年は年番町のため神前手筒花火を奉揚させてもらった。神社での神前は初めて。もうやめれといいうことかな?
 

(無題)

 投稿者:20181001  投稿日:2018年10月 1日(月)09時59分6秒
  台風一過、竜巻のような豪風をなんとか古家は乗り切った。雨漏りもなかった。
しかし、そこかしこで停電状態。信号はもちろん電気がこないでは仕事にならないのでバイトは自宅待機に。
水もホームテレホン系の電話もダメ。国一等どエライ怖かったたそうだ。
 

明神山9/26

 投稿者:hnext  投稿日:2018年 9月27日(木)18時20分20秒
  朝から雨とか午後から雨等予報はいろいろだった。迷った時は自分にとって都合のいい方で行動。
現地でダメなら別の対処を考えるので当然のように出発。意外と明るい。雲に動きがなく静かだ。
大野を過ぎても時々陽も当たるので栃ノ木沢へと直行。倒木も全て伐採されており無人の駐車場に到着。
沢の水量も少ないので直登尾根に取り付いた。岩尾根の登りは予定外に陽が当たった。
岩尾根に乗りあがる頃にはジワジワと汗が滲み始めた。樹林帯に入ると暑くはないのに汗が滴りだした。
H500辺りで黄色いマフラーの鮮やかなヤマカガシの子供と久しぶりに遭遇。
650m岩尾根への曲がりでは冷んやりと季節を感じた。
山頂17度。快適に登った割には汗は滝のようだった。無風。これで少しでも風があると肌寒いのだが。
西峰前後では曇っていたが山頂周囲は陽が当たっていた。結局来た者勝ち、という結果だった。
何時ものように帽子、タオルを絞り静かな山頂で軽食。
あとはもう何時雨が降り出しても構わないので来たルートでサッサと下山した。
下山した沢も増水もしてなく、気持ちよく汗を流して車周りで帰り仕度をユッタリとする。
靴を脱ぐためにズボンの裾を上げたら手のひらにベタッと不快な感触。見ると赤黒い塊、すぐに伸び縮みを始めだした。
まだいるんだ、と駆除。今年は今の所危ないところでセーフ。
 

明神山9/17

 投稿者:hnext  投稿日:2018年 9月17日(月)18時18分30秒
  今日から3連休の縦走が今年も秋雨前線のため中止になった。憂さ晴らしに明神山に出かけた。
乳岩は満車。仕方ないので栃ノ木沢に向かったら倒木で通行止め。湖畔ルートの北尾根の取付きで通行止になっていて
駐車スペースもあるのでここに止めて栃ノ木沢まで歩くことにした。場所的に最後の橋まですぐなので
ここから登山的には満足度にかける湖畔ルートの北尾根を登るよりは歩いてでも直登尾根を登った方が登山になる。
歩いてすぐに倒木があった。でも湖畔道路なのですぐに撤収される、と思う。砥沢林道分岐から栃ノ木沢へと曲がった所にも倒木。
これは細いのでノコギリで解決できそうだった。35分くらいで栃ノ木沢駐車場に到着。
いつも車で流している景色もユックリ歩いてみると目線が違っていて新鮮に感じた。
直登尾根上も枯れ枝や杉の枝などが散乱していて、見慣れたルートなのに違和感を感じた。
片付けながら登っているとゆっくりなので時間はかかるが疲労感はない。
H500ぐらいの最初の岩尾根を巻くところでマムシが横切った。この場所で遭遇は初めて。
H650では涼しい風が流れ、H700辺りでは上空で風の音が聞こえた。
山頂は21度。満員。展望台の上の日陰だと涼しいよりも肌寒いくらい。
下山は栃ノ木沢の状態を見ながら下った。トラバース分岐でヒルを一匹駆除。
無人の栃ノ木沢に降り静かな山域を車まで戻った。釣り師か湖畔ルートか軽が二台止まっていた。

最初のが湖畔道路の倒木
二枚目が栃ノ木沢への橋を渡ったところの倒木
 

(無題)

 投稿者:hnext  投稿日:2018年 9月16日(日)12時27分42秒
  去年は低迷台風で今年も秋雨前線のため縦走は中止。
明後日は来月検査入院の準備でMRI。仕方ないので?明日は明神山を早駆けで登ってこよう。
 

レンタル掲示板
/119