teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re:自信喪失!!

 投稿者:後藤和秀メール  投稿日:2002年 3月15日(金)16時51分49秒
  >ゆき、まさの父さん
本当に疲れますよねぇ。。
でも、子供もご父兄もスタッフもそれぞれの役割の中で頑張っているので、私も老体に鞭打って頑張ってますよ。。(笑)
出来たら、試合内容がよければ疲れも半減となるのですが。。。(笑)

ベンチの声・・・とかく公認を持ってみえる方の声はプレッシャーですよねぇ。。
しかし、ベンチの声で吹いてしまうのはいけません。。
一番大事なのは、見たものだけを吹く・・・・ということ。。
ファールかもしれない・・・・とか、何かやったようだ・・・で、吹く癖はつけないように。。
ポジションが悪かったためみえなかったのなら吹かないようにしてください。
で、そのポジションの悪さを反省すればいいのではないかと思います。
いいポジション取りが出来るようになればなるほど比例して、笛が鳴る数も増えると思いますよ。。
そして、見たものは必ず吹くこと!
それが間違っていたかどうかは、試合後反省すればよいわけですから。。
新しく覚えていく過程での失敗はつきものではないでしょうか。。
ただ、審判が自信がなさそうに判定していては、その笛でプレイを止められた子供たちもかわいそう。。
その場では堂々と。。
反省は、他の場所でするのがいいと思いますよ。。
恥は掻き捨て・・・その回数が多ければ多いほど、反省さえすれば、進歩できると信じています。
いろいろ聞くと、公認の方は公認の方のレベルでの失敗や反省があるそうです。
わたしも、毎度毎度へこんでいますよ!
正直、今自信を持ったとしたら過信ですしねぇ!
審判はそれほど簡単なものではないんです。
私たちは下手くそなんですから、堂々と恥をかきましょう!!(笑)

結局は子供たちと同じです。
どこが悪くて、どうしてそうなったのか・・・、これからはどう改めていけばよいのか・・・、の繰り返しですね。。
挑戦・失敗・反省を繰り返して、子供たちのために一日も早く良い笛が吹けるようになりたいですね。。
そのためには、経験というか数多く体験しなければならないですよね?
これからも、どんどん吹いていただける場を設けたいと思います。
よろしくお願いいたしますね!(笑)
ミニ連の方の指導は、大変勉強になります。
一度ご一緒いたしましょう!!

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3555/

 
 

自信喪失!!

 投稿者:ゆき、 まさの父  投稿日:2002年 3月11日(月)01時14分37秒
  >磯谷先生
>後藤先生
尾張交歓会ではありがとうごさいました。
こんな事を申し上げるのも非常に情けないのですが、ベンチと審判との往復で正直、バテてしまいまして自分の体力の無さを痛感してしまいました。。。(涙)
娘に偉そうな事言えないですよね・・・(笑)

ところで、尾張交歓会では審判を2試合させてもらいまして、その中で2点程大きな失敗をまたまたしてしまったのですが・・・(反省)
まず一つは、ダブルドリブルのバイオレーションなんですが、ベンチで「ダブッた!」って言われて私自身実際に見えていないにも関わらず、それにつられてファウルを宣告してしまい
あとですごく後悔をしました。。(涙)
審判として一番してはいけない事ですよね!言葉等に惑わされないようにするにはどのように対処すればよいでしょうか??やはり、経験を積むことしかないでしょうかねー・・。

それともう1点ですが、オフィシャルが時計を動かすのを忘れてしまい、それに全然私が、気づいていなかったため両方のチームに大変ご迷惑をかけてしまった事。。(これも反省!)
常に時計を見る癖とでも言いますか、とくに1分1秒を争う競技なのでなおさらですね。。
なんか、審判をさせてもらう度に自信を喪失してしまうんですが・・少しへこみぎみです。(笑)

いいアドバイスがあれば教えて下さい。。 お願い致します。



 

Re:練習試合を終えて・・・

 投稿者:後藤和秀メール  投稿日:2002年 3月 8日(金)22時48分8秒
  >ゆき、まさの父さん
ボールへの執着心だけでなく、個々のプレイの中においても『絶対に負けないぞ!』とか『悔しい!』『なにくそ!』という気持ちに欠けている子が多いと思います。
技術が未熟で、思い通りにいかないことは仕方がないと思いますが、基本的に性格として持ち合わせている『負けじ魂』が弱いのですね。。
やさしくて、俗に言う『よい子』が多いですものね。。(笑)
ルーズボールをとる技術や次のプレイに対する予測・準備が出来ていないことも理由のひとつ。。
走って、追いかけて、ボールを持つことが精一杯で・・・ね。。
考えている余裕もないのでしょう。。。
そういう意味では、もう少し経験を積む中で、磨かれてくるかも知れません。。
今はどれだけ人から言われても、自分が心底そう思えないことには手の打ちようもありませんし・・・ね。。(苦笑)
でも、この点については、今後も少しでも『負けず嫌い』なれるように、気持ちを引き出していってやりたいと思います。
頑張って厳しい練習をやったのに、どうして勝てないんだろう・・・勝ちたい!負けたくない!と思わせるようにですね。。
技術の向上と共に、気持ちの持ち方も変わってくれることを期待しています。。。

競技バスケットとして試合を楽しむ事は、とてもむずかしいことだと思います。
経験がある方はわかるかも知れませんが、完全に力の差があるチームとの試合ほどしんどくて辛いものはありませんから。。
相手にいいようにプレイされて、楽しむ・・なんて奇麗事だと思うんですよぉ。。
そう考えると、試合を楽しむ為にはまず先にありきは、厳しい練習を通して相手に勝る技術を身につけなくてはならないということです。
そのために、今は大敗するのもいい薬。
負けたくない気持ちが強ければ、自然と練習に熱が入りますし、自分から進んで上達しようと思ってくれるはずだから。。
練習日以外の個人練習をする子は、そういう気持ちの表れだと思います。
しない子は逆・・・・・という風に受け取ります。(笑)
より自分に厳しく・・楽したいという気持ちに負けないでどれだけ強く負けた悔しさを持ち続けることが出来るか、より激しく・・・試合に近いイメージを描いて練習に取り組めるか。。
そして、その頑張りのお陰で、自分の技術が相手より勝り1対1で勝てる、シュートが入る、練習通りのプレイが出来る・・・・となれば、自ずとバスケットの楽しさがわかるようになってくると思います。
私は、そう磯谷先生から教えられてきたと思っていますし、これからもそれを前面に打ち出して指導していくつもりです。

ただ人間は弱いもの。。
助けが欲しい時もありますね?
まだまだ弱い子供だということもありますし、スタッフと子供の間に大きな壁が出来てしまわないようにコミュニケーションはとっていこうと思っています。
子供もスタッフもご父兄も一心一丸となったとき、自分達のレベルでの最高の力が発揮できると思いますので。。

今年もまだ始まったばかり。。
長い目で見て、子供側に近寄って話も聞きながら、秋には一丸に・・・・が目標です。
今年は、ゆき、まさの父さんの出番も多いですよ!(笑)
お仕事との両立もおありでしょうが、何卒よろしくお願いいたします。。。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3555/

 

練習試合を終えて・・・

 投稿者:ゆき、 まさの父  投稿日:2002年 3月 6日(水)01時50分26秒
  3/3の青木小での女子練習試合を終えて、私自信感じたことなんですが・・・
後藤先生がベンチで何度も言われてたことで、ボールに対しての執着心とでもいいますか。ボールを「渡さない」「取られない」「取り返す」と言った気持ちが相手チームに比べて負けているのではないかな!!
中には、全然負けていない子もいると思うのですが・・・やはりバスケットボールと言うスポーツは、コートの中に入れるのは5人。ですが、戦うのはベンチにいる子、いや不二ミニチーム全員ではないかと思います。
だからこそ、[その負けない強い気持ち]を持ち続けることができれば、きっと必ずや勝利の女神が微笑んでくれる事と思っております。。。
勝負ごとというのは、気持ちがかなり左右するものですよね~。
それからもう一つ感じたことですが、6分間走って動き回る体力が全体的に不足してるんじゃないかな!とくにうちの娘なんかは・・(涙)
どうしても体や足が動かなくなってくると、頭の中でわかっていても反応できないですよね?
自分たちがえらくて苦しい時というのは相手も同じように苦しいのだ・・ってそのように思うことができれば新たな力がでてくるんじゃないかな!!!

とにかく私自身、試合を楽しむということも大切な事だと思っておりますので
”自分に厳しく”かつ”楽しんで”試合に臨むことができれば、個々のレベルアップにもつながるし、またチーム力もおのずと上がってくるのではないでしょうか。。。

最後に、3/9東海市での尾張交歓会素晴らしい試合を期待しております。不二ミニがんばれ!! 
 

Re:ジャッジ

 投稿者:後藤和秀メール  投稿日:2002年 2月22日(金)16時48分38秒
  >ゆき、まさの父さん
審判については、ここで偉そうに能書き言えるご身分ではありませんので、ほどほどのレスですがご勘弁を。。。(笑)

審判は難しい・・・。。
ベンチや観客席では『あ、歩いた。』とか『ファールだ!』とかいえるのに、笛を加えてコートに立つととたんに見えなくなる。吹けなくなる。。。
なぜでしょう??(笑)
審判の目的は、正しいプレイを正しく行うことを妨げる行為を判定する等、ルールに照らし合わせてジャッジを行うというものですね。
狭いコートで人が入り乱れている所を瞬時に判断して笛を吹く・・・ということの難しさでしょうか。。
すべては、コートにいるプレーヤーのために、正しい判断をしなければならない・・・ジャッジをする技術を身に付けなくてはならないという事ですね!

私自身が気を付けていることは、まずは一生懸命走ってスペースを見極めること。
見たものを見たまま笛を吹く勇気を持つ・・・くらいでしょうか。。
見えてるのに、吹けないって事はしょっちゅうです。(反省)
とにかく試合をたくさん吹いて、経験を積もうと努力中です。
ミニだけでなく、中学高校などの試合も吹いてみると勉強になると教えられました。
私も、試合などを見に行くと、プレイだけでなく審判にも目がいきます。
ボールがどの位置にあるときに、どのように予測してどこに動いているんだろうか・・など。。
公認の方々の動きは、大変参考になりますからね!

ゆき、まさの父さんには、これからも審判をお願いすることが多くなると思います。
間違えた笛を吹いて叱られても、経験だと思いますので、一緒に叱られながら覚えていきましょうね。。(笑)

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3555/

 

ジャッジ!

 投稿者:ゆき、 まさの父  投稿日:2002年 2月21日(木)02時30分8秒
   お久しぶりに書き込みさせていただきます。
最近、仕事の都合で勤務時間が変わってしまいなかなか練習を見にお邪魔する事ができないので、残念なんですが・・・(泣)
私事で申し訳ありませんが、昨年の暮れに春日井市のミニバス審判講習会へ不二ミニクラブチームの方からいかせていただきまして、その後練習試合等、5試合程審判をさせてもらったのですがまだまだ気持ちに余裕がないというか自分の判定に自信が持てないものですから遂、笛が吹けなくて見落としてしまうと言うケースが多々あります。。それと6分4クオーター集中してると思うんですが、かなり全力で走ったりもして体力が消耗してくると一瞬、集中力が切れてしまいミスをしてしまう・・・
やはりこれでは、真剣にプレーしている子供たちに失礼にあたるので、そうならないジャッジが取れるようこれから勉強させていただければと思っております。
講習会の時にある公認審判員の先生に、”何百、何千試合経験する事も大事ですがもっとも重要なのは1試合にどれだけ吹けるかという事。”と言われましてやはりその通りなのでしょうか!!
最近少しですが、その意味がわかってきた気がします。。。   
先週の春日井総合体育館での素晴らしい試合を観戦しまして、その時でも選手のプレーはもちろん
見てたのですが審判員の方々も同じように気にして見てしまうものですね・・・
いろいろな試合(素晴らしいプレー)を数多く見ることは、ゆき、まさ2人にとっても父にとっても
よい勉強になるのではと思います。
今後ともご指導よろしくお願い致します。
 

Re:欠席

 投稿者:後藤和秀メール  投稿日:2002年 2月21日(木)00時12分9秒
  >まおちちさん
久々の家族団らん、きっと実のあるものであったことでしょう。
私は、ここのところサボりっ放しです。
でも、まだサボり続けることでしょう!(笑)

それにしても、練習が気になるなんて、まおちちさんだけではなくて私も嬉しいです!
でも、彼は普段の練習時にも、自分からすすんで取り組もうとしているのが手にとるようにわかっていましたから、当然かも。。
前向きな子は、顔つき目つきが違うもの。
サボっている子は、自分自身が一番わかっていますので、一人だけを呼びつけるとたいていおびえた目をしています。
そんなに恐いかなぁ・・私。。(笑)

今まおくんは、新しいことを覚えていく喜びと自分の上達が手にとるようにわかって、楽しいのではないでしょうか。
とても大事で、そういう気持ちは今後も持ち続けて欲しいものです。
でも、これからどんどん練習の内容は、複雑になってきます。
言われていることがわからなくて、はたまた言われることがわかっても自分の体が思うように動かないジレンマに襲われることもあるでしょう。
その時にも、この気持ちの火を消さないように持ち続けてくれれば、きっと乗り越えられると思います。
一人でも多くの子供が、チーム内で貪欲に練習してくれれば、仲間にも良い影響が出てきてチームは強くなると確信しています。
個人の運動能力の差を差し引いても・・・です!
そういう意味では、今年の6年生達は、良いお手本になるのではないでしょうか。。
最近は、少したるんできてはいますが。。(笑)
そして、悩んだ時・わからない時には、わかるまで聞くとか質問しに来るといったことが重要だとも思います。
わざと正しい方法を教えずにいても、誰も聞きに来ない。。(笑)
恐いコーチで、敷居が高いのかも知れませんが、大事なことだと思います。
これも、やる気の大事なバロメーター。
どんどん質問して欲しいものです。
不二の子は、少し少ないかもしれませんねぇ。。。
待っているんですけどぉ。。。。。

あと、全体的に、練習不足の感は否めません。
中学の部活のように、朝練があって、また夕方毎日練習してという環境とは、社会体育のチームは大きく違います。
所詮、週3日。。。
休みの日の過ごし方は、今後の上達のスピードに大きく影響してきます。
基本練習の繰り返しでも、目立って進歩するこの少ないこと!
人から与えられた時間だけではなく、自分からも時間を作って取り組める気持ちになって欲しいですね。
勉強や習い事で、時間が取れないという言い訳も聞こえてくる気がしますが、それでも、音楽の好きな子は、それを聞く時間は持っているでしょうし、漫画が好きな子は読む時間はあるはずです。
ってことは、言い訳は出来ないでしょう!
好きならば・・・上達したいのならば、毎日少しずつの時間でも、ボールハンドリングやドリブルは欠かさないで欲しいものです。
すべては、自分のためであるわけだから。

あとに後悔しないように、自分自身を高める為に、弱い気持ちに負けないで、更に更に更に更に貪欲になって欲しいですね。。。。。
コーチの欲は、止め処もなく。。(笑)

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3555/

 

Re:ありがとうございました 

 投稿者:後藤和秀メール  投稿日:2002年 2月20日(水)23時22分27秒
  >TJさん
いつもお世話になります。
この度は不幸中の幸い、豊田のお子さんの手術成功と聞き、安堵しております。
私をはじめ、子供や父兄にまで、TJさんにはいつもお世話になりっ放しで本当にありがたいという気持ちが不二のチーム内にはあります。
そのご恩返し・・・厳しい練習を乗り越えて、同じスポーツを共有できた仲間の病を少しでも励ましてあげられたのなら、幸いと思います。

これからも、バスケットを通じて、熱き友情を別のチームの子供たちとも築きあげていけるのなら、コーチ冥利に尽きますね!
スポーツの熟練度で勝ち負けを争う以外でも、チーム内で、またチーム外でも競い・助け合っていける心を育んでいくのが、社会体育のチームの本分に他ならないのですから。。

これからも、チームでも、個人的にも、良き相談相手・友人としてのお付き合いの程、よろしくお願いいたします。。。

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Acropolis/3555/

 

欠席

 投稿者:まおちち  投稿日:2002年 2月18日(月)21時48分55秒
   不二ミニにお世話になりだして初めて練習を休ませてしまいました。申し訳ありません。
 実は、今後クラブを続けるかどうかという重大な事態が発生しまして・・・。なんていうのは冗談で、私が昨年夏以来めったに土日休みが取れなくなった(土日休みどころか、正月休みもなかったんです(ToT))、久しぶりの土日休みに家族でのんびりしようということで、練習を休ませていただきました。
 うちの小僧もそれなりに楽しそうでしたが、夜(土曜)の食事時には「今頃みんなまだ練習しているんだよね」を連発し、かなり本人は気になる様子。何にも考えずにクラブに参加しているように思っていたのですが、本人はそれなりにクラブの練習を意識していたみたいで、ちょっと意外でした。(うちの小僧は、親の私に似てけっこういい加減なところがあり、「練習しなくていいのはラッキー」と思っていると考えていたのですが、そうでもなかったみたいです)
 少しは自覚が出てきたのかな?なんて親バカですがちょっと嬉しくなりました。

 ところで、皆さん若いですね。25歳ですか(笑)、私は3歳年上なので今年28歳になっちゃいました(爆)。大厄なのでおまいりに行こうと思うのですが、まだ行けずにいます。早く行かなくては!!
 

ありがとうございました

 投稿者:TJメール  投稿日:2002年 2月14日(木)20時49分25秒
  >不二ミニご父兄のみなさまへ
先日の練週試合お疲れさまでした
さて その節に豊田の生徒が病気で手術となり千羽鶴の御協力を提案をさせて頂きましたが
昨日豊田#4母より「不二ミニより 千羽鶴を頂きました」と報告がありました
また そのご家族より「不二ミニご父兄に感謝申し上げます」と伝言がありました

この度は 私のほんの思いつきでご迷惑をお掛け致しました
しかし この皆様の思い・希望は本人に届き手術も成功し全快へと進んでいます
直接ライバルとして戦う子ども達が、試合を離れれば良き友人としてお互いを励まし合える
また、ご父兄も仲間として同じ思いで励まし合える
こんな自然な、熱い思いを不二ミニご父兄からいただきました
本当にありがとうございました
今後とも、良きライバル・良き友情の絆としてお付き合いをお願い申し上げます
この度は本当にありがとうございました

 

レンタル掲示板
/15