teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:109/146 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

初めて投稿します

 投稿者:由夏の母  投稿日:2002年 3月17日(日)00時01分41秒
  通報
  いつも先生方には、貴重なお時間を割いて子供たちの指導にあたっていただきありがたく思っております。今日はじめて娘とこのHPを見ました。皆さんバスケットが大好きなのだなあ・・そして
真剣に取り組んでいらっしゃるんだと感嘆しました。さて、わが子、由夏ですが、以前は試合に応援に行くだけでしたので「バスケットは他の皆がやっているから私もやっているんだ」ぐらいの気持ちだったと思います。しかしこの頃は、試合に出るようになり少し積極性が出てきたようです。犬の散歩に行った時学校のバスッケトゴールに向かってフリースローを何本かやっているようです。私はいつも「初めから上手な子はいない。経験と努力で変わるものだ」と言うのですが、由夏は「私は下手、○○ちゃんは上手だからそれ以上にうまくなれない」と諦めてしまいます。私も小、中、高とずっとバスケットをやっていたので、いろいろと注意してしまうので「お母さんに言われるのが嫌、同じことを先生に注意されても嫌じゃないけど・・」と言われています。
 最近は子供が少なく、競い合うということが少なくなっています。由夏は1年から4年まで1クラスなせいか「皆仲良く、嫌なことはしない、それぞれを認めあう」という精神はあるのですが
「あの子より上手くなろう!上手くなりたい!何が何でも!」という精神は少ないように思われます。これから新チームになり、試合に出ても「勝ちたい!たくさんゴールを決めたい」と思ってくれるか心配でたまりません。チームのメンバー同士が仲がいいのはいいのですが、厳しく仲間を注意することの大切さも知ってほしいと考えます。自分がプレーしていた時は、自分達が一生懸命な時ほどケンカ腰になるくらいに言葉が飛び交ったと記憶しています。まだ発展途上の子ですので暖かい気持ちと厳しい目で見守っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:109/146 《前のページ | 次のページ》
/146